日帰りも宿泊も最高♪『烟河(けぶりかわ)』【京都府亀岡市】

京都丹波方面へ行った時に日帰りで立ち寄った温泉宿『烟河(けぶりかわ)』

あまりにも日帰り温泉が気持ち良くて、二度目の利用時は宿泊で!

館内、室内はモダンな印象でとてもキレイでした。

宿泊も日帰りも、どちらも最高のひと時を過ごしました(●´ω`●)

お気に入りの宿、ご紹介しちゃいます♪

日帰り入浴可能な湯の花温泉・元亀の湯

源泉名 湯の花温泉
泉 質 単純弱放射能泉(弱アルカリ性低張性低温泉) ラドン含有量(Rn)-46.0✕10キュリー/kg
適応症 痛風・慢性消化器病・胆石症・慢性胆嚢炎・神経痛・関節痛・冷え性・疲労回復・慢性皮膚病・慢性婦人病・痔疾・筋肉痛
五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・病後回復期・健康増進・動脈硬化症・高血圧症

弱アルカリ性で少しトロッとしたやわらかい印象です。

湯温も高め!

寒い時期に入る”岩風呂の露天風呂”はもぅ最高です(人´∀`)

夜は星も見えますが、これは宿泊時のみの特権です☆

<宿泊利用>

入浴時間 15:00~25:00 / 5:00~9:00

<日帰り利用>

入浴時間 11:00~16:00(入館15:00まで)
入浴料 大人700円、小人500円 ※4歳~小学生
タオル タオル100円(販売)、バスタオル100円(レンタル)
営業日 無休 ※12/31~1/1のみ日帰り利用なし。

 

2017年2月にお邪魔した時点では、大浴場は大理石のような床だったのですが、浴室用の畳張りに変わっていますね。

お風呂の床が畳張りだなんてすごい!

また行かなくちゃ!

京都のお上品な夕食

夕食会場は大広間の畳にテーブルを置いたお部屋でした。

和室にテーブルなので、お座敷に座るのが辛い方や正座が辛い方にとっては良心的ですね。

どのお料理もお上品な味付けでおいしかったですが、特に蟹釜飯が美味しかったですよ~♪

実際に食事開始時に火をつけて、ミニ釜で炊くという。
お食事の終盤に炊き上がる仕様になっていました。

日本酒も地酒など用意されていました。

 

豪華な朝食バイキング

宿の建物の隣にあるレストランにて、朝食のバイキングを頂きました。

ものすごい数の料理に目移りしながら、長い時間居座って食べました(笑)

なんと、使用されているお野菜は烟河の敷地内にある農園育った、朝採れ野菜たち。

京野菜なんかもあって、すごく新鮮でした!

農園は見学も出来て、スタッフさんの愛情いっぱいのお話を聞くことが出来ます。

農園の一部は元テニスコート!

テニスコートの上に土を盛ったりして、工夫して野菜を作られていました。

敷地内のトマトハウス

サラダ何回もおかわりしました♪

朝からこんなに豪華な食事で、食べる前と後に温泉を堪能してなんて贅沢なんでしょう(人´∀`)

 

気配りいっぱいの設備

宿泊される女性は、浴衣や帯を選べたり、浴場へ行く時用の籠も好きなものが選べたりと嬉しい心遣いを受けられます。

それだけでも、特別感があってとっても嬉しいですよ~♪

浴場はアメニティグッズも揃っていますし、清潔感もあってお風呂もとっても気持ちが良いです。

客室はふかふかの大きなベッド。

モダンなデザインの客室で、暖かい灯り…。
和室で玄関上がりがあります。
そのおかげで廊下と客室に距離がありとっても静かでした。

”ほっこり”という言葉がとってもしっくりくる空間です。

トイレは洋式ウォシュレット付。
客室に浴室もありますが、使用していないので分かりません。

温泉イチオシなので、是非温泉に入って欲しいです♪

 

「烟河」の印象と詳細

亀岡の山間で自然に囲まれた場所にあります。

日常を忘れてのびのびゆっくり過ごせる場所です。

敷地が凄く広く、散歩したり足湯に浸かったり・・・
自家栽培のお野菜を使った美味しいお料理も絶品です。

端々に気配りと心遣いを感じられてとても気持ちよく宿泊出来ました。

丹波方面に行かれる際は是非♪

烟河
里山の休日 京都・烟河 【公式サイト 】 お宿ねっと
京都・亀岡、湯の花温泉での宿泊は「里山の休日 京都・烟河」へ。自家農園の野菜を使用した滋味豊かな料理が味わえる「石窯ダイニングはなり」「里山ダイニング大地」、万病の治癒と除災除厄の湯として知られる湯の花温泉でほっこり。保津川下りや嵯峨野トロッコ列...

電話・公式ホームページから予約出来ます。
じゃらんからならリクルートポイントがたまります。

 

シェアする