あれ。弥生人の声が、聞こえるよ。『吉野ケ里歴史公園』

こんな青空!

青空を仰いで写真が撮れちゃう!

それが、「吉野ケ里歴史公園」ですよっ。

ラブラブするには究極の穴場SPOT!!(なんちゃって☆)

弥生文化が残る、吉野ケ里歴史公園

弥生時代と一口に言っても、紀元前5世紀頃から、紀元後3世紀中頃…と吉野ケ里歴史公園HPでは言われています。

ん?どれくらいだって?

1世紀が100年だから、すっと計算しても800年。

Wikipediaでは紀元前10世紀頃からとされているので、弥生時代は800年以上続いた時代だったのです。

今も歴史に残る文化の舞台は、現在の九州が発端でした。

大陸から水稲耕作を中心市とした生活体系が伝わり、青銅や勾玉などの文化もこの時代に大陸から伝わりました。

そんな歴史が色濃く残るのがこの吉野ケ里遺跡

まさに「邪馬台国」と呼ばれる時代を彷彿とさせる歴史があちこちに見られ、国の特別史跡にも指定されています。

 

「吉野ケ里歴史公園」ってどんなとこ?

一口に言えば、私にとってはフリーダム⊂二二二( ^ω^)二⊃

めっちゃはしゃいでめっちゃ大声で楽しんでも、そこは弥生時代なのーーールンッ♪

超!超!超!超!開放的な空間!

公園内は園内の周遊バスもあって、歩かないといけないってことでもないけれど、私達的にはそこそこに歩きたい訳で。
冒頭にご紹介した写真を撮ったのは、公園に入って少し歩いたココ↓

祭壇という名の大舞台!

青い空!青い空っ!青い空ぁぁぁぁぁああああ!!!!!

でっかい土俵みたいな上で、

おもいっきりジャーーーーーンプ!!!!

とかねっ!

ほら、どうですか。

めっちゃ、フリーダムーでしょww

 

めちゃくちゃな自然体になって、自然に囲まれて弥生時代にタイムスリップです。

弥生時代を代表する、高床式倉庫がずらり。

この中に入れたりもするんですよー!!

倉庫によって、米・モミ・武器等、おさめられているものが違うんです。

地上に根付いてる柱には、”ねずみ返し”がついてますね。

近づくとこんな大きいんです。

梯子がないと入れないくらいの高さの高床式倉庫

今から2000年近くも前にこんな大きなものを作っていたのかと思うと、なんだか途方にくれます…。

村を形成し、柵で仕切られた地域です。

左側に権威のある人が寝泊まりし、右側は当地の村人の土地です。

 

やらなきゃ損でしょ♪弥生人コスプレ!

権威ある人が寝泊まりする場所に、今はこんなスポットが!

無料ですよー☆

とぉ!

やぁ!!

どうです!?この勇姿☆

意外と胴がしっくりハマったりなんかして?w

普通の村人コスチュームもあって、大勢で弥生時代を演出するのもいいですね!

 

本当の「吉野ケ里遺跡」

今でも大切に保護されている[吉野ヶ里遺跡」です。

風化しないよう、施設内に保管されています。

さすがに、園内のバスを使って移動しましたー(・´ω`・)

施設内は独特の空気と湿度。歴史を守る空気感がありました。

弥生時代の土器や石器などが展示されています。

 

嬉しいお土産

私達が訪れた時は、アンケート調査を行われていて、入り口でアンケートに答えるとクジがひけるシステムでした!

ありがたいことに旦那様は、吉野ケ里歴史公園で取れた古米で造られたそばを頂きました。

丸筒麺のツルツル食感。

私は、缶バッジをGET♪
なかなかオシャレじゃないですか?

 

年中イベントが盛り沢山!こんなイベントも!

施設内には、勾玉を使った工作とか稲作とか、年間を通して色々とイベントがあるようで、広大な敷地でのびのびと楽しむイベントが盛り沢山という感じがして、ワクワクします。

数年前から催されている、この公園がメイン会場になっている「ウィンターバルーンフェスタ」は、一度は見たいイベントのひとつ。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
佐賀県佐賀市で11月初旬に開催されるアジア最大級のスカイスポーツイベント(熱気球競技大会)。日本国内、世界各国からのバルーニストが繰り広げる大空の競演!「熱気球のまち佐賀」のバルーン関連情報もお届けします。

バルーンフェスタや競技会などで、広大な大地に浮かぶ熱気球の群れ。

すごく壮大な景色ですね!

さらに、日中だけのお楽しみではなく夜のイベントもあります。

吉野ケ里 光の響き

イベントが盛り沢山なのに入園料が子供80円、幼児無料!
家族で遊びに行くにはめちゃくちゃ魅力的です(●´ω`●)

敷地内は芝生広場や、遊具も充実しているので行かないのはもったいないくらいと思ってしまいました。

佐賀県周辺はきっと同じような伸び伸びしたところが多いんでしょうね(*゜∀゜)=3

 

公園の詳細

吉野ケ里歴史公園

  • 住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
  • 電話:0952-55-9333

営業時間
4月1日~5月31日 9:00~17:00
6月1日~8月31日 9:00~18:00
9月1日~3月31日 9:00~17:00
  • 定休日:12月31日、1月の第3月曜日とその翌日
利用料金
一般 団体 年間パスポート
大人(15歳以上) 420円 280円 4,200円
小人(小・中学生) 80円 40円 800円
シルバー(65歳以上) 200円 200円 2,000円
幼児(6歳未満) 無料 無料 なし
駐車場料金
種別 料金 東口駐車場 西口駐車場 北口駐車場
大型車 1,030円 80台 20台 11台
普通車 310円 540台 310台 230台
二輪車 100円 30台 10台 10台
自転車 無料
  • 同乗者の中に年間パスポート(購入より1年間有効)を持っている人がいると駐車料金が無料になります!

その他の詳細は、吉野ケ里歴史公園公式ホームページを参照して下さい。

シェアする